GLP-1ダイエットとは?効果や副作用について

【PR_提供CLINIC FOR】

当ページでは、GLP-1ダイエットに興味がある方が知りたいことを、専門用語を控え、出来る限り分かりやすくまとめてあります。注射と錠剤の違いや、費用、効果など疑問点はすべて解消できますから、是非最後までご確認ください。

目次

GLP-1ダイエットとは?

GLP-1とは体の中にあるホルモンの一種です。このホルモンの量が多い方と少ない方が居て、多い方は痩せやすい体質、少ない方は太りやすい体質となります。自分が周りに比べて「太りやすいな」と感じることはありませんか?GLP-1の量が関係しているかもしれません。

 

GLP-1ダイエットではこのホルモンを、薬として補う事によって痩せる方法です。GLP-1受容体作動薬と呼ばれ、メディカルダイエットの一つとして、その手軽さから近年非常に人気となっています。

 

もちろん安全性も認められており、アメリカやヨーロッパ、韓国などでは肥満薬として承認されています。

日本でも2023年に一部薬が肥満薬承認されました。

GLP-1ダイエットの効果

 

GLP-1ダイエットの効果については以下があります。

・自然に食欲が減る
GLP-1には食欲そのものを抑える効果が認められています。その結果当然食事量が減るので、体重は減っていきます。

・満腹感が持続する
少量の食事でも、胃の運動を抑える効果があるため、満腹感が長く続きます。
また、普段より少ない食事量で満腹感を得られます。

・脂肪分解を促進する
食事後の血糖値上昇を抑える効果があるため、脂肪分解を促進します。
その結果太りにくい体質へと変える効果も期待できます。

 

※効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な治療方法をお守りください

GLP-1ダイエットの良い点

・ダイエットにストレスを感じにくい

ダイエットのストレスと言えば「我慢」だと思いますが、GLP-1の場合、食欲自体が減少するため我慢をする必要がほとんどありません。ストレスが無ければ継続しやすい、その結果ダイエットも成功するという事になります。

・手軽に始められる

GLP-1の作用するお薬は注射(自分で打つタイプ)と錠剤があります。どちらにしても一日一回、時間も数秒で終わります。処方もオンラインクリニックで可能なので病院に行く必要もありませんし、始める際のハードルは何もありません。

※効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な治療方法をお守りください

 

・失敗しない

その他の挑戦系ダイエットと違いメディカルダイエットなので、薬さえきちんと摂取していれば基本的に誰でも痩せます。

 

・リバウンドしにくい

GLP-1では、太りにくい体質に変化する効果もあるためリバウンドしにくいです。同時に食事が減っている期間に小食の習慣もつくため、更にリバウンドを防いでくれます。

GLP-1ダイエットの良くない点

・注射の場合費用が高額になる

GLP-1ダイエットは、最低でも3か月は継続してほしいため、月々の費用が重荷になる場合があります。

一般的に錠剤であれば月額8000円程度、注射であれば25000円程度が目安です。

・副作用が出る場合がある

個人差がありますが、副作用を感じてしまう方が居ます。その多くは吐き気と便秘です。大半の場合は初期に出るため、その後慣れていくのですがその前にやめてしまうケースがあります。

副作用については後ほどさらに詳しく解説します。

どのくらい痩せるの?

GLP-1ダイエットに興味がある方が知りたいのは、「実際に何キロ痩せるのか?」ではないでしょうか。ダイエット開始時の体重含め個人差が大きいため、断言はできませんが、臨床データは多数あります。

例えば

1番人気の錠剤であるリベルサスを例にとると、海外で68週の服用でマイナス15.8kgの体重減少が確認されています。

 

注射薬のサクセンダの場合、海外3731人の56週データがあり、平均8.4kgの体重減少が認められました。

 

その他平均的な減量幅を見ると以下の割合で体重減少が確認できます。
3か月で5.9%
6か月で10.9%

出展元:https://www.sciencedirect.com/

上記数字はあくまで、GLP-1を摂取する以外は通常の生活を送った場合の体重減少ですから、GLP-1がダイエットに非常に効果的であることは実証されています。

GLP-1ダイエット薬の種類

 

GLP-1の作用する薬には以下のような種類があります。

(飲み薬)
リベルサス

(注射薬)
オゼンピック
ビクトーザ
サクセンダ
ウゴービ
マンジャロ

効果の面で考えた場合、どれを選んでも大差はありません。そのため、効果以外の違いを理解して選ぶことが必要です。

 

リベルサスの副作用について

副作用で主にみられるものは、吐き気、胸やけ、下痢などの胃腸障害ですが内服継続をすることで、それらの症状は緩和していきます。 一般的には問題なく服用いただける方がほとんどです。 ※もし症状が辛い場合は使用を中止し、担当の医師にご相談ください。

注射と錠剤の違いメリットデメリットは?

 

GLP-1の作用する薬の選び方について解説します。それぞれのメリットデメリットについて考えてみましょう。

錠剤のメリット
注射に比べて三分の一程度と安価
注射の痛みがない

 

錠剤のデメリット
空腹時に飲まないといけないので、朝食前など薬を飲むタイミングを選ぶ

 

 

注射のメリット
注射を打つタイミング(時間)を選ばない
体調に合わせて用量を変えられる
オゼンピックなら週に一回の注射でOK
※その他の注射薬は毎日注射が必要

 

注射のデメリット
費用が錠剤の3倍近くと高価
自分で注射を打つことに対するストレスや痛み
注射の跡が赤くなったり、あざになることがある。(時間経過で消えていきます)

 

 

それぞれ良い悪いがありますが、個人的には圧倒的にリベルサス(錠剤)からスタートすることをオススメします。

 

※参考(リベルサスの通販価格を調査!購入費用順に並べてみた

費用が大幅に違いますし、万が一副作用が辛くて止めてしまう場合でも、損害は少なく済みます。
毎日飲むのが面倒という方はオゼンピックの週一注射は良いと思います。

 

逆に言うと、サクセンダ等毎日注射するタイプは継続が大変なので初心者にはおすすめしません。

副作用について

副作用を心配されている方も多いと思いますから深堀してみましょう。

GLP-1の作用する薬の口コミで悪い方を読むとそのほとんどが「吐き気が嫌でやめた」と「便秘が酷くなった」になります。実際にどのくらいの割合で生じるのかについては詳しいデーがありませんが、製薬会社のデータでは、その他の副作用は5%以下となっているため、5%超は副作用が出る方がいるかと推測できます。

 

ただし、この薬は継続使用で体が慣れていくタイプの薬ですから、我慢できる程度であれば様子を見れば次第に良くなる方が大半です。

 

もちろん、副作用を一切感じない方も多くいますので、副作用を心配な方は安価な錠剤であるリベルサスを一ヶ月飲んでみると良いでしょう。

 

ただし、しっかりとしたダイエット効果を感じたいのであれば最低でも3か月は継続する必要があります。

おすすめのGLP-1オンラインクリニック

では、実際にGLP-1の作用する薬を始める際に、おすすめのオンラインクリニックをご紹介します。

ここまで読んでもらえば分かるように、基本的にオススメはリベルサス錠で、注射であれば週1タイプのオゼンピックとなります。

 

「リベルサス・オゼンピック」が安いクリニックを一覧にしました。

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

リベルサス オゼンピック 公式サイト
クリニックフォア 6,027円~※1 13,365円~ HP
Dmgオンラインクリニック 8,305円~
HP
ビーファインクリニック 18,998円~※2 HP
elife.clinic 8,650円~ 26,400円~ HP

※1定期6ヶ月分からひと月あたりの金額を算出しクーポン分の割引を適用させた金額

※2ジャディアンスとセット価格

※価格は税込み価格

 

錠剤注射共に、現状ではクリニックフォアがおすすめです。基本的に簡単なオンライン診療の後、薬が郵送されてくる形なので、薬の費用が安いところを選べば間違いないと思います。

 

クリニックフォア

クリニックフォアは、リベルサスやオゼンピックを安価に挑戦できるおすすめのオンラインクリニックになります。

 

リベルサスを月額(6,027円~)から試すことができ、スマホやPCを使ってオンライン診療を受ければ、最短翌日に薬が届きます。

 

Dmgオンラインクリニックが錠剤のリベルサス専門なのに対し、注射剤のオゼンピックも扱っているので、週一の注射タイプに変更することも可能です。

 

「リベルサスが安くていいけど、毎朝朝食前に飲むのは忘れそうだし面倒だな」そんな方にはぴったりです。

 

クリニックフォアなら13500円(1mg)からオゼンピックが試せるので、注射を選ぶ場合も、安価に試すことが出来ます。

 

オンラインの診療時間も7時から24時と最も長く便利です。※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます

 

価格サービス共に現状ではイチオシのクリニックです。

 

Dmgオンラインクリニック

Dmgオンラインクリニックはオンライン診療のプラットフォームサービスです。診療は提携先医療機関である、医療法人社団DMCが行っています。

 

リベルサス専門ですが、現在クリニックフォアに次ぐ価格の安さとなります。

 

Dmgグループなので知名度は高く大手の安心感はあると思います。

 

リベルサスでGLP-1ダイエットを始めてみようと考えているのであれば、こちらもオススメのクリニックです。

 

 

 

ビーファインクリニック

ビーファインクリニックの特徴は、何といっても錠剤薬の安さです。比較すると一目瞭然ですが最も安価にリベルサスを購入できます。※リベルサス単品なら6900円からさらに15%引き

 

ただしこちらのクリニックでは、リベルサスのみの処方は行っておらず、ジャディアンスをセットで処方する形になります。

 

ジャディアンスとはGLP-1とは別の「SGLT2阻害剤」と呼ばれるもので、簡単に説明すると、摂取した糖を尿から排泄させる薬です。

 

ジャディアンスを飲むだけで、毎日200kcal~500kcalの糖が尿から出てしまいます。

 

分かりやすく言うと毎日ケーキ1個分が体から出ていくという事です。

 

これを毎日で計算すると月ではランニング120km以上に相当しますから、痩せるのが想像できると思います。

 

GLP-1と同時にジャディアンスを使えば、減量ペースが更に上がることが期待されます。そのため、期限があるなど早く痩せる必要がある方には合わせて服用がおすすめです。

 

同時処方のため、月額2万円程度にはなりますが、内訳をみるとかなり良心的な価格になっていることが分かります。

例えばリベルサスなら月額6,900円からさらに最大15%割引(6か月定期の場合)が適用されます。

 

Dmgオンラインクリニックでジャディアンスをセットで購入予定であれば、ビーファインクリニックの方が費用を抑えられるので、おすすめです。

 

 

elife.clinic

elife.clinicは、注射タイプのオゼンピックやサクセンダなど、幅広く扱っているオンラインクリニックです。

特にオゼンピックの2mgを購入する予定であれば、最も安価(21,818円)で購入可能です。

 

最初から2mgでオゼンピックを挑戦する予定の方であれば、特におすすめのクリニックとなります。

 

 

個人輸入での購入に注意

SNSなどを見ていると、個人輸入で薬を購入している人がたまにいますが、絶対にやめてください。

一見すると日本で運営している様に見える完全な日本語サイトでも、運営情報を見るとすべてが香港など海外の会社が運営して、偽薬などによる健康被害が後を絶ちません。

 

しかも、価格も上記クリニックより高いケースも多く、なんのメリットもありませんから利用はやめましょう。

参考:GLP-1ダイエット薬は個人輸入代行通販が安いのか調べてみた

 

錠剤でも怖いですが、注射はさらに危険性が高まります。製造元がはっきりしない注射を刺すなんて自殺行為だと自覚しましょう。

 

ご紹介したクリニックで取り扱う薬はすべて日本の代理店を通した正規品なのでご安心ください。

薬の用量と副作用の関係性ついて

GLP-1ダイエットを始める際に悩むのが、薬の用量です。
例えばリベルサスを例にとると、3mg、7mg、14mgなどから選べます。

 

オンラインクリニックの場合はオンライン診療があり、その際に説明やオススメがあるので安心です。
基本的な考え方としては、用量が増えれば副作用も強く出る可能性があるという事は知っておくと良いでしょう。

 

先ほども書きましたが、この薬は時間経過とともに慣れていく傾向があるので、最初からあまり量を多くせずに、徐々に増やしていく方が良いでしょう。

 

ただし、副作用がない方も少なくないので、最初から7mgで始めるのはそれほど問題ないとも言えます。

GLP-1ダイエットの保険適用について

 

2023年3月に肥満治療薬として厚生労働省から承認された薬に「ウゴービ」があります。ウゴービはリベルサスと同じセマグルチドを主成分としたGLP-1受容体作動薬です。

 

つまり2023年からは日本でもGLP-1ダイエットが一部保険適用されたという事です。

 

保険適用なら支払いが安く済むので、それ自体は良いことなのですが、ウゴービの保険適用に関しては以下の非常に厳しい条件があります。

・BMI27以上で、肥満に関連した健康障害を2つ以上有する
・BMI35以上

 

※肥満に関連した健康障害は以下の11項目になります。
1. 耐糖能障害 (2型糖尿病・耐糖能異常など)
2. 脂質異常症
3. 高血圧
4. 高尿酸血症・痛風
5. 冠動脈疾患
6. 脳梗塞・一過性脳虚血発作
7. 非アルコール性脂肪性肝疾患
8. 月経異常・女性不妊
9. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群
10. 運動器疾患 (変形性関節症:膝・股関節・手指関、変形性脊椎症)
11. 肥満関連腎臓病

BMI35以上とは、160cmの女性の場合89.6kg以上ですから、ぽっちゃり程度では適用外になります。

 

念のため身長別の【BMI35】早見表です。

150cm 78.7kg
155cm 84.1kg
160cm 89.6kg
165cm 95.2kg
170cm 101.1kg
175cm 107.2kg

 

これとは別の問題として、リベルサスなどを糖尿病患者と偽って保険利用させるクリニックもあるようです。

こちらに関しては「詐欺罪」として立派な犯罪行為になりますので、その様なクリニックは決して利用しないでください。

 

数年前までGLP-1ダイエットの相場は月額7万程度かかりましたが、錠剤も開発され、現在では10分の1程度で始められます。

スポーツジムに通うのと変わらない金額で試せるので、あえて無理に保険適用させる必要もないでしょう。

GLP-1ダイエットはさらに流行の兆しだが

SNSや病院の診療実績数などを見る限り、想像よりはるかに多くの方がGLP-1ダイエットを行っているようです。

 

この薬は糖尿病治療にも使われているため、2023年には糖尿病の治療薬が不足する悪者として、ネガティブなニュースが多く流れました。

 

とは言え同時にGLP-1は「肥満薬」として日本でも2023年に承認されています。

 

メディカルダイエットは日々進歩しているのでいずれ「望まない肥満」の人は世の中からいなくなるでしょう。

 

メディカルダイエットに偏見のある人が多いのも事実ですが、ダイエットで重要なのは、過程ではなく結果のみです。

 

楽に痩せられるなら、痩せてしまいましょう。

 

そして、「痩せて美しい」事の価値の大きさを理解しましょう。

 

この価値は年齢が若いほど大きくなりますし、その後の人生を大きく変えてしまう力があります。

 

メディカルダイエットとはダイエットという名前はついていますが、行う事は薬を飲むだけです。
迷っている時間がもったいないと思いますが、いかがでしょうか。

 

痩せて美しくなった自分をイメージして、後はスタートするだけです。

 

この文章が、あなたの人生を変える一助になれれば幸いです。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次