GLP-1ダイエット薬は個人輸入代行通販が安いのか調べてみた

個人輸入は危険とか聞くけどその分安いでしょ?

 

GLP-1ダイエットを検討されている方が気になるのは、どこで薬を買ったら安いのかではないでしょうか。

ネットで調べると、どこでも「個人輸入が安い」と書かれています。

ならばと、実際に調査してみました。

個人輸入代行は安いと思っている方には、衝撃的な結果となっています。

目次

リベルサスの価格を比較してみた

一番人気のリベルサスを個人輸入代行と国内クリニックで比較してみました。

なお、注射薬の(オゼンピック・サクセンダ・ビクトーザ)は個人輸入代行サイトでの販売はありませんでした。※2024年4月26日時点の調査

※リベルサス3mg30日分で比較

サービス提供名 個人輸入/クリニック 料金 備考
クリニックフォア クリニック 6,027円※1 購入ページ
DMMオンラインクリニック クリニック 8,305円 購入ページ
elife.clinic クリニック 8,650円 購入ページ
オオサカ堂 個人輸入 21,571円
お薬ナビ 個人輸入 24,500円
くすりエクスプレス 個人輸入 32,700円
ベストケンコー 個人輸入 32,700円

※1定期6ヶ月分からひと月あたりの金額を算出しクーポン分の割引を適用させた金額

価格は税込み価格

個人輸入代行サイトの方が圧倒的に高額で販売

上記結果を見てもらえば一目瞭然ですが、安いと言われている個人輸入代行の方が数倍高い値段で販売しています。

 

ネットで色々調べてみても、ほとんどのサイトが「個人輸入代行は安いけど偽薬被害などあるからやめましょう」などと書かれています。

 

しかし実際に価格を調べてみると、そもそも安いどころか、とんでもなく高額です。

高いだけではなくその他の問題も多数ある個人輸入代行

GLP-1の薬に関しては圧倒的に価格差があるため、この時点で選ぶ理由はゼロになりますが、万が一安い薬があったとしてもその他の問題があります。

 

リベルサスの副作用について

副作用で主にみられるものは、吐き気、胸やけ、下痢などの胃腸障害ですが内服継続をすることで、それらの症状は緩和していきます。 一般的には問題なく服用いただける方がほとんどです。 ※もし症状が辛い場合は使用を中止し、担当の医師にご相談ください。

 

厚生労働省が以下のサイトで注意喚起を行っています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

その中身としては

・日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
・不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
・虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
・正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

簡単にまとめると、偽薬等も含め健康被害が起こっているので、その様なサイトから購入しないでくださいという事です。

GLP-1ダイエット薬が一番安いのは国内のクリニックから購入

安さを求めて個人輸入で薬を買った結果、3倍以上の高値で薬を買ってしまわないように、GLP-1ダイエットを始めるのであれば、国内のクリニックを利用しましょう。

 

国内のクリニックで処方される薬は、すべて正規品で安心です。

 

GLP-1ダイエットには錠剤(飲み薬)と注射(自己注射)があるので、それによって安いクリニックが変わります。

※飲み薬と注射の違いなどについては以下をご覧ください
▶GLP-1ダイエットとは?効果や副作用について

 

錠剤(リベルサス)でおすすめは

クリニックフォア(月額6,027円~)税込み

DMMオンラインクリニック(月額8,305円~)税込み

 

注射でオススメなのは

クリニックフォア(月額13,365円~)税込み
elife.clinic(月額21,818円~)税込み

上記クリニックはすべてオンラインで診療可能です。
スマホ等で簡単な診察を受けたらすぐに薬を送ってくれます。

個人輸入代行の口コミは嘘だらけ?

個人輸入代行に関する書き込みを見ると、どう考えても怪しい書き込みが多すぎます。ヤフー知恵袋の書き込みも、Xのツイートもアフィリエイトを目的とした書き込みばかりです。

 

「日本の病院は高いから個人輸入代行を使っています」

 

このような書き込みが多すぎるため、そもそもクリニックと比較しないで購入してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

厚生労働省も正式に注意喚起しているサイトに関する好意的な書き込みは、基本的に嘘だと思ってください。

 

すべて日本語で書かれていますが、運営者を見るとすべて海外(香港や東南アジア)のサイトで、代表者すら書かれていません。

 

ネットの上の書き込みで一番多いのがオオサカ堂ですが、このサイトの情報を確認すると

運営会社 Ryo Union Ltd.
責任者 pang
所在地 Hong Kong

責任者はpang?・・・・・

 

あえて何も言いません。

 

全ての薬には副作用があります。その危険性を理解したならば、国内正規品以外の薬なんて飲めないはずです。

 

その様な危険性より自分が儲かればよいと考える、国内アフィリエイターが多すぎるのも問題の一つだと思います。

 

今回は、個人輸入代行の危険性はもちろんですが、そもそも個人輸入代行が安く買えるわけではないという事も知っていただきたいです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次