健康保険適用のGLP-1ダイエット薬!ウゴービの条件といつから発売?

ウゴービは保険適用の肥満症治療薬で、2023年の3月に厚生労働省から承認されました。

 

日本においては、長期で使用できる保険適用の痩せる薬が存在しなかったため、非常に注目を集めています。

 

今回は肥満症治療薬ウゴービの発売日や、保険を使うための条件など詳しく解説していきます。

目次

ウゴービの発売日は2024年2月22日

ウゴービが処方可能になるのは、2024年の2月22日からです。

厚生労働省の承認から1年近く経過してやっと発売となります。ウゴービの発売は世界では6か国目となるようです。

ウゴービはどのくらい痩せるのか

ウゴービの承認にあたっては、日本人585人を含む5085人の過体重または肥満の成人が参加した国際共同研究である『STEP臨床試験プログラム』の結果に基づいています。

 

そのデータによるとウゴービ2,4mg投与した68週時の体重が、平均10kg以上の減少が認められています。

ウゴービの処方条件は想像より厳しい可能性

 

ウゴービは、痩せたい人なら誰でも処方してもらえるものではなく、高血圧、脂質異常症、または2型糖尿病のいずれかを有する肥満症があり、かつ食事療法と運動療法を行っても十分な効果が得られない人のうち、以下のいずれかに該当する方が対象となります。

・BMIが27kg/m2以上であり、2つ以上の肥満に関連する健康障害を有する
・BMIが35kg/m2以上

 

肥満に関連する健康障害とは以下です。

・耐糖能障害 (2型糖尿病、耐糖能異常)
・脂質異常症(高脂血症)
・高血圧症
・高尿酸血症(痛風も含む)
・冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)
・脳梗塞または一過性脳虚血発作
・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)
・月経異常または女性不妊
・閉塞性睡眠時無呼吸症候群
・運動器疾患
・肥満関連腎臓病

BMI35とは、例えば身長160cmの方であれば89.6kg以上となります。

 

体重自体は超えている人も多いでしょうが、その他の条件が厳しすぎるので、適用される人はかなり少ないのではないでしょうか。

ウゴービが処方適用外の方におすすめ

ウゴービの適用条件が厳しすぎると書きましたが、実は上記だけではなく、条件が追加されています。
・教育研修施設として認定された施設であること

この条件を追加により、大学病院や地域の総合病院以外のクリニックではそもそも処方が出来なくなりました。

 

これらのハードルを乗り越えて保険適用される患者さんがどれほどいるのか非常に疑問です。では、普通に痩せたいだけの人は諦めないといけないのでしょうか。

ウゴービと同じ成分の薬は他にもある

実はウゴービの有効成分は「セマグルチド」でGLP-1受容体作動薬です。

 

これと全く同じ成分の薬としてリベルサスとオゼンピックがあります。

 

リベルサスは飲み薬、オゼンピックは注射薬ですが、どちらもウゴービと効果は同じです。

 

メディカルダイエットに詳しい人は、すでにGLP-1ダイエットとして上記を使用しています。

※GLP-1ダイエットについての詳細は以下をご覧ください
▶GLP-1ダイエットとは?効果や副作用について

リベルサスなら保険適用外でも月額8000円程度

特におすすめしたいのが、飲み薬タイプのリベルサスです。

 

注射タイプのオゼンピックが月額2万円から3万円なのに対し、リベルサスは8000円~程度で購入可能です。

 

※参考:リベルサスの通販価格を調査!購入費用順に並べてみた

 

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

リベルサス オゼンピック 公式サイト
DMMオンラインクリニック 8,228円~ HP
クリニックフォア 9,350円~ 13,365円~ HP
ビーファインクリニック 18,998円~

※ジャディアンスとセット

HP
elife.clinic 8,650円~ 26,400円~ HP

※価格は税込み価格

 

飲み薬なので注射の痛みもありませんし、冷蔵保存する必要もありませんから持ち歩けます。

 

その便利さと圧倒的コスパの良さで、GLP-1ダイエットでは一番の人気になっている状況です。

 

 

リベルサスの副作用について

副作用で主にみられるものは、吐き気、胸やけ、下痢などの胃腸障害ですが内服継続をすることで、それらの症状は緩和していきます。 一般的には問題なく服用いただける方がほとんどです。 ※もし症状が辛い場合は使用を中止し、担当の医師にご相談ください。

初診からオンラインで簡単購入

リベルサスやオゼンピックは、オンライン対応しているクリニックで購入可能です。簡単なオンライン診療を行えば、当日発送してくれます。

 

リベルサス(錠剤タイプ)のおすすめクリニック

DMMオンラインクリニック(月額8,228円~)税込み
クリニックフォア月額9,350円~)税込み
ビーファインクリニック(18,998円~)税込み

 

※ビーファインクリニックは、ジャディアンスとのセット処方のみのためセット処方価格
参考(ジャディアンスとは

 

オゼンピック(注射タイプ)のおすすめクリニック

クリニックフォア(月額13,365円~)税込み
elife.clinic(月額21,818円~)税込み

ウゴービとオゼンピックの違い

ウゴービとオゼンピックは同じ注射タイプで、成分も同じ「セマグルチド」です。
違いはシンプルに最大投与量の違いです。

 

ウゴービが2.4mg、オゼンピックが1.0mgとなっています。
当然成分量が多いほうが痩せますが、比例して副作用も強くなります。

 

ウゴービが新発売の「肥満薬」だと思っている方も多いですが、すでにGLP-1ダイエットを行っている方からすると、同じ薬という事です。

ウゴービをやせ薬と期待した人からすると期待外れ

テレビなどで、新しい「肥満薬」が保険適用されたなどと知ると、一般の方は「簡単に痩せられる薬が発売されたのか」と安易に期待してしまうと思います。

 

しかし、実際には重度の肥満症の上に、様々な病気を併発している方のみ保険適用という事で、ほとんどの方には適用されません。

 

極端に太っていたとしても健康であれば適用外ですから、太っている人の希望にはならなかったわけです。

 

とは言え、現状ではその他のメディカルダイエット薬が手軽に試せる時代になっています。

 

病気の方はウゴービ、そうでない方はリベルサスやオゼンピックなどを上手く使って痩せることが可能です。

 

事実2023年は、GLP-1ダイエットを行う方が多すぎて、糖尿病のクスリが不足する事態に陥りました。

 

ネガティブな扱いのニュースでしたが、それだけGLP-1ダイエットを行っている方が多い証拠とも感じてしまいます。

 

何度試してもダイエットに失敗してしまう方は、一度挑戦してみたらいかがでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次